ごあいさつ

毎日食べられるパンを

ブーランジェリー・ラパンは2005年にオープンした、酒のまち、広島県東広島市にあるパン屋(=ブーランジェリー)です。
朝食に、昼食に、おやつに、夕食に。
『毎日食べたいパン』をテーマに、私たち自身が毎日食べたくなるよう、素材や安全、そしておいしさにこだわりを持って焼き上げています。
2017年には御薗宇店がオープンしました。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

Lumet Patrick。1971年、フランス郊外にあるヴィリー=シャティヨンに生まれる。16歳から見習いをはじめ、ブーランジェ人生がスタート。1992年21歳で来日。経験を積み、2005年にブーランジェリー・ラパン寺家店、そして2017年には二号店である御薗宇店オープン。
日本アンバサドール協会理事。専門学校にて講師も務める。